大人の風しん予防接種費用助成

現在、全国で風しん患者の報告が増加しています。風しんは予防接種で防ぐことのできる病気です。

伊勢崎市では、平成2年4月1日以前生まれで、妊娠を予定または希望している女性、および夫(パートナー)、現在妊娠している女性の夫(パートナー)に風しん予防接種費用の一部助成します。

なお、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、別途、国の事業(風しんの追加的対策)があります。風しん抗体検査および風しん第5期定期予防接種が全国で無料で実施されることとなりました。詳細は下部をご覧ください。

風しんとは

風しんは、風しんウイルスの飛沫感染によって起こります。感染すると2~3週間後に発しん、発熱、リンパ節腫脹などが現れます。発しんの出現前後7日くらいは感染力があると考えられています。

妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんに感染すると、難聴・先天性心疾患、白内障などをもつ「先天性風しん症候群」の子どもが生まれてくる可能性が高くなります。

助成対象者

接種当日伊勢崎市に住民登録がある平成2年4月1日以前生まれの人で、次の1~3に該当する人

  1. 妊娠を予定または希望している女性
  2. 妊娠を予定または希望している女性の夫(パートナー)
  3. 現在妊娠をしている女性の夫(パートナー)
    (注意)婚姻の届出手続きの有無は問いません

ただし、次の人は除きます。

  • 現在妊娠中の人および妊娠の疑いのある人
  • 明らかに風しんにかかったことがある人
  • 風しんの予防接種を2回以上接種した人
  • 今までに本助成事業で接種を受けた人

助成期間

平成31年4月1日~令和2年3月31日

助成回数

1人1回限り

助成金額

  • 風しん(単独)ワクチン:3,000円
  • 麻しん風しん混合(MR)ワクチン:5,000円

(注意1)接種料金(自己負担額)は各医療機関が定める予防接種料金から助成額を差し引いた金額です。医療機関毎に金額は異なります。
(注意2)生活保護世帯の人は、全額助成となります。詳細はお問合せください。
(注意3)1人につき、どちらか1回のみ助成。

 

接種場所

(注意1)指定医療機関以外で接種した場合は助成対象外(全額自己負担)です。

(注意2)各医療機関により診察日や受付時間が異なります。事前に医療機関へお問い合わせください。

助成の流れ

  1. 指定医療機関に事前に予約をします。
  2. 印鑑・健康保険証・接種費用を持ち、医療機関を受診します。
  3. 医療機関に常備してある「大人の風しん予防接種予診票兼費用助成申請書」を記入し、予防接種を受けてください。
  4. 各医療機関で定める予防接種料金から、助成額を差し引いた金額を支払います。

注意事項

  • 予防接種は体調が良いときに受けるようにしましょう。
  • 妊娠している女性への予防接種はできません。医療機関予約後に妊娠していることが分かった場合は、医療機関に連絡し、予防接種は受けないでください。
  • 女性が接種した場合は、接種後2か月は避妊してください。

(注意)この予防接種は任意接種で、接種を強制するものではありません。あくまで接種を希望する人に対して助成を行うものです。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先
健康推進部健康づくり課
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所東館2階
電話番号 0270-27-2746
ファクス番号 0270-23-9800

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年06月12日