民法改正に伴う成年年齢引き下げ後の成人式の対象年齢について

成年年齢引き下げ後も成人式は20歳を対象として開催します

民法の改正に伴い、令和4年4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

18歳のタイミングでは大学受験や就職準備などの大事な時期と重なるなどの理由から、式典への参加が困難になることが懸念されるため、本市では令和4年度以降も現行どおり20歳を対象として式典を開催します。

18歳が成人となるにあたり、「成人式」という名称はそぐわないため、今年度の成人式実行委員会で成人式に代わる名称を考案してもらい、青少年問題協議会にて承認され、「伊勢崎市はたちの集い」とすることに決定しました。この名称には、成人としての自覚や意識を改めて促し、高めるために、地域の仲間とともに地域の協力を経て、厳粛な式を実施し、地域社会の一員として、地域へ迎え入れるという意味を込めています。また、読みやすく柔らかい印象を持つひらがな表記を用い、「はたちの集い」としました。

この記事に関するお問い合わせ先
市民部市民活動課 青少年係
〒372-0014 伊勢崎市昭和町1712番地2
電話番号 0270-61-6712
ファクス番号 0270-61-6713

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年01月20日