単独浄化槽・汲取り式トイレを利用している人へのお願い

きれいな河川で魚をとっている子どものイラスト

単独浄化槽とは、トイレの水洗化を目的に、昭和50年代後半から平成12年度までに爆発的に普及した浄化槽です。トイレからの排水をその槽内で生物処理し道路側溝などに放流します。
単独浄化槽は、設置当初、公共下水道が整備されるまでの一時的なものと考えられており、放流水の水質も現在の合併浄化槽のものと比べると十分なものではありません。

単独浄化槽や汲取り式トイレは、トイレからの汚水のみを処理することを目的としているため、これらを利用するご家庭の台所やお風呂の排水は、「雑排水ます」という固形物を取り除く槽を通って、未処理のまま排水されます。そのため、河川の水質汚濁の原因となるだけではなく、ご近所の排水路の悪臭の原因となり、生活環境の悪化を招くこととなります。

一方、公共下水道、農業集落排水および合併浄化槽は、トイレからの汚水に加え、台所やお風呂の排水を全て処理するものです。

周辺環境を改善するため、公共下水道・農業集落排水への切替をご検討ください。

各汚水処理における汚水の流れ

各汚水処理の汚水の流れのイラスト

下水道切替工事における調査実施中

下水道への切替工事について調査を実施しています。合併浄化槽や単独浄化槽・汲み取り便所から下水道への切替工事について、ご意見などがありましたら、下記の連絡先まで連絡してください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道局下水道整備課 排水設備係
〒372-0812 伊勢崎市連取町1952番地
電話番号 0270-30-1230
ファクス番号 0270-21-1101

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年07月16日