伊勢崎市公共下水道ストックマネジメント計画

伊勢崎市公共下水道ストックマネジメント計画とは

伊勢崎市は、昭和46年1月に広瀬川と粕川に挟まれた市の中心区域の事業に着手してから、40年以上経過しています。今後、下水道施設(管路施設及び処理場・ポンプ場施設)の老朽化が進み、維持管理費、改築費の増加が見込まれます。

このことから、長期的な視点で計画的かつ効率的な施設の点検・調査、修繕・改築を行い、伊勢崎市の持続可能な下水道事業の実現のために、「伊勢崎市公共下水道ストックマネジメント計画」を策定しました。

伊勢崎市公共下水道ストックマネジメント計画

計画期間

令和元年度から令和5年度

主要な下水道施設

  1. 管路施設・・・伊勢崎処理区及び佐波処理区における管路(汚水及び雨水)
  2. 処理場・・・伊勢崎浄化センター
  3. ポンプ場・・・東部中継ポンプ場、西部第一中継ポンプ場、安堀中継ポンプ場、南部第一排水ポンプ場

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道局下水道整備課 下水道計画係
〒372-0812 伊勢崎市連取町1952番地
電話番号 0270-30-1230
ファクス番号 0270-21-1101

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年09月30日