にごり水について

蛇口から赤茶色や白くにごった水がでてきて驚いたことはありませんか?

水道水が乳白色(白くにごっている)と感じたら

ほとんどの場合、水道水に細かい空気の泡が混ざっていることが原因です。
空気の泡なら、コップなどに水を汲んで放置すると底のほうからだんだん透明になっていきます。この場合は、そのまま水道水を使用しても問題ありません。
なお、水道管内にたまった空気が原因で、飛び散るように蛇口から水が出ることもありますので注意してください。

水道水がなんとなく赤い、あるいは薄茶色だと感じたら

水道メーターより家庭側の水道管や器具が原因の場合

水道管や受水槽などに使われている鉄の酸化(赤サビ)が原因です。年数の経過した建物では、鉄製の水道管が採用されている可能性が高く、長年の使用でサビが発生し、水道水に混ざって流れ出てくることがあります。これが色の原因で、鉄サビが原因の「にごり水」は、「赤水(あかみず)」とよばれます。
なお、以前に比べて「水がまずい」とか「鉄の味や匂いがする」と感じたら(朝一番の使い始めだけ感じることもあります)、にごりに気づかなくても、「赤水」が発生している可能性があります。
応急的な対応として、使い始めの水は、飲み水や洗濯以外に使用し、しばらく水を流してから普通に使うことをおすすめします。
宅地内の水道管の管理をするのは、お客様になります。知り合いの水道工事店に相談して、お客様による対応をお願いします。

道路内の水道管などが原因の場合

長年使った水道管だと、水道水に元々含まれている鉄分が、内側にうっすらと張り付いていることがあり、近隣で行われている水道工事や火災・地震・停電などの影響で、鉄分がはがれ落ち、「赤水」が発生することもあります。
この場合は、消火栓からの水抜き作業などを上下水道局が実施し、解消を図ります。

「赤水」による健康・生活への影響

赤サビが原因の「にごり水」を気づかずに飲んでしまっても、少しくらいなら問題にはなりませんので安心してください。ただし、長年飲み続けた場合には、鉄分過剰摂取になる可能性が出てきます。体が求める以上の鉄分を長期間取り続けると、健康にも影響が出る場合がありますので、飲み続けるのはやめましょう。
また、洗濯水として使用すると、白い洗濯物には色がついてしまいます。このほかにも、水道水を使用する電化製品や設備では、故障や目詰まりを起こす可能性が出てきます。「赤水」が出ている水道管には、最終的に漏水が発生することもあります。

市民の皆さんへのお願い

計画的な工事や作業による「にごり水」について

  • 発生した場合は、上下水道局で解消するための対応を行います。なお、解消まで時間がかかる場合もありますのでご理解願います。
  • 工事(作業)中は、水道水の使用をひかえてください。(宅地内へ「にごり水」を余計に引き込んでしまいます)
  • 工事(作業)中に必要な水道水は、事前にくみ置きをしておいてください。
  • 受水槽または電気・ガス温水器をお使いのお客様は、「にごり水」流入の恐れがありますので、流入弁もしくは元栓を閉めてください。元栓がわからない場合は、上下水道局に連絡してください。
  • 工事(作業)終了後、道路内の水道水はきれいになっても、宅地内には「にごり水」が残る可能性があります。使い始めは、水の状態を確認してから使用してください。

(注意)洗濯水として使用する場合は、特に注意が必要です。(しばらく水を流すときれいな水道水を使用することができます。)

お知らせのビラ配布などについて

上下水道局が行う計画的な工事(作業)では、影響すると思われる近隣の各戸へ、事前のお知らせとして、ビラ配布または訪問による説明を行います。ただし、予想外の地域へ影響が出てしまった場合や、突発事故・火災・緊急的な漏水修繕により発生する「にごり水」については、事前のビラ配布などができませんので、ご理解とご協力をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道局上水道整備課 維持係
〒372-0812 伊勢崎市連取町1952番地
電話番号 0270-30-1230
ファクス番号 0270-21-1101

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年11月09日