まちなか未来学校~集まれ!未来を担う ローカルプレイヤー!

更新日:2023年12月11日

空洞化が加速するまちなかの経済活力向上と、地域活性化に取り組む人材の育成を目的として、「まちなか未来学校」を開講しています。

まちなか未来学校概要

対象

次のいずれかに該当する人は、どなたでも参加できます。

  • まちなかで学びながら挑戦したい人
  • まちなかで仲間とつながりたい人・つなげたい人
  • まちなかで事業を営んでいる人・始めてみたい人
  • まちなかの仲間を応援したい人

主催

伊勢崎市まちなか活性化支援会議

まちなか活性化支援会議とは

まちなか活性化支援会議とは、中心市街地における経済活力向上による地域課題の解決を支援するために、令和3年8月26日に立ち上げられた官民連携の組織です。

メンバーの専門性を活かし、まちなかの活性化に資するさまざまな取り組みを自ら実施するとともに、まちなかでにぎわい創出に取り組む団体などを支援することを通じて、まちなかにおける新たな価値の創出を目指しています。

令和6年度 開催事業

第1回 補助事業を上手に使おう!(終了いたしました)

にぎわいが日常の風景になるため、市ではまちなかでのイベント開催や創業の経費を補助しています。

令和6年度補助事業説明会をいせさき楽市に併せて行います。

  • 期日 4月20日(土曜日)
  • 時間 午後1時30分~午後3時
  • 会場 駅前インフォメーションセンター
  • 申込 事前申し込みは不要
  • 講師 伊勢崎市(商工労働課職員)

説明事業

第2回 映像のプロが教える!『ショート動画講座』(終了いたしました)

  • 期日 5月18日(土曜日)
  • 時間 午後1時~午後2時30分
  • 会場 伊勢崎駅構内大型ビジョン前
  • 申込 事前申し込みは不要
  • 講師 土井一樹(株式会社8hammer)
土井一樹氏

 SNSでも当たり前になってきたショート動画ですが、活用の仕方に悩んでいませんか?ショート動画に限らずSNSで大事になるのは、ビジネスを俯瞰して「導線」を理解する事が大切です。導線の見方がわかると、ショート動画で何をしたらいいのかが見つかります!

【内容】

  1. なぜSNSを利用したほうが得なのか?
  2. デジタル導線ってなに?
  3. ショート動画の特性
  4. 企画の考え方
  5. まとめ

第3回 自分のビジネスを「伝える力」を高めよう

  • 期日 6月15日(土曜日)
  • 時間 午後1時30分~午後3時(開場1時)
  • 会場 駅前インフォメーションセンター
  • 申込 定員30名(先着順) ※申込は下記フォームから
  • 講師 奈良のりえ(フリーアナウンサー)
奈良のりえ氏

コミュニケーションスキルアップのためには「伝える力」を高めることが大切です。分かりやすく、簡潔に、印象よく話すなどの技術、伝えたいことを明確にし、要点を絞り込む方法など、あなたのビジネスがより相手に伝わるための様々なスキルを磨きます。

【経歴】

  • 出身 群馬県前橋市
  • 経歴 早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター EMBA Essenceプログラム修了
  • 特徴 NHKキャスターを務め、ぐんま経済新聞で記者として県内経済関係を取材。
  • 2006年(平成18)より司会・モデレーターなどを担当。1700回以上の実績を持つ。

申し込み

まちなか未来学校~集まれ!未来を担う ローカルプレイヤー!申し込み二次元コード

右の二次元コードまたは以下の専用ホームページへのリンクから申し込んでください。

また、電話やファクスでも申し込みは可能です。

  • (電話番号)0270-27-2755
  • (ファクス番号)0270-23-7382

令和5年度 開催事業(全ての日程は終了いたしました)

第1回(終了いたしました)

  • 期日 令和5年12月17日(日曜日)
  • 講演テーマ 「まちなかでつながりをつくろう」
  • 講師 開校記念特別講座第1回講師 株式会社studio-L代表 山崎亮氏
開校記念特別講座第1回講師 株式会社studio-L代表 山崎亮氏

studio-L代表。関西学院大学建築学部教授。コミュニティデザイナー。社会福祉士。

1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。

著書に『コミュニティデザインの源流(太田出版)』、『縮充する日本(PHP新書)』、『ケアするまちのデザイン(医学書院)』、『地域ごはん日記 おかわり(建築ジャーナル)』などがある。

第2回(終了いたしました)

  • 期日 令和6年1月23日(火曜日)
  • 講演テーマ 「まちなかで小さくビジネスをはじめよう」
  • 講師 第2回講師 choinaca合同会社代表 矢口真紀氏
第2回講師 choinaka合同会社代表 矢口真紀氏

choinaca合同会社
広告代理店で国内外のイベントプロデュースに携わり独立、埼玉県杉戸町にUターン。都会でも田舎でもない「ちょっと田舎」で小さく愉しい自立のかたちを提案するchoinaca合同会社代表。『わたしたちの月3万円ビジネス』講座を通し、これまで埼玉県内を中心に300名の女性の仕事づくりをサポート。自分と地域を幸せにする働き方の全国プラットフォーム『わたしごとJAPAN』、地域の仕事づくり拠点『ひとつ屋根の下』など、「しごと」の捉え方を変えてまちを元気にするアクションを展開しています。

特別回(終了いたしました)

  • 期日 令和6年2月22日(木曜日)
  • 講演テーマ 「経営にブランディングを取り入れよう」
  • 講師 株式会社若旅デザイン事務所代表 若旅 宏和 氏
若旅宏和氏

伊勢崎市在住のアートディレクター・グラフィックデザイナー。

公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。

自社の魅力を伝えるために経営へブランディングを取り入れることは非常に重要です。

ブランディングの基礎を学び、自社、自店の強みを探しましょう。

第3回(終了いたしました)

  • 期日 令和6年3月8日(金曜日)
  • 講演テーマ 「まちなかの未来をみんなで語ろう」
  • 講師 モデレーター 前橋工科大学准教授 堤洋樹(環境・デザイン領域)
第3回モデレーター 前橋工科大学准教授 堤洋樹(環境・デザイン領域)

(専門分野)建築経済、建築構法、建築生産、建築材料
(主な研究)空き家を活用した定住促進事業(2014~2015)
広瀬川におけるエリアマネジメント導入検討(2020~)
大学生の生活支援から展開する多世代協働の団地再生
プロジェクト(2020~)
伊勢崎市まちなか発見ワークショップ事業(2022)

ゲスト登壇者

〇菅家 世誉氏(伊勢崎商工会議所青年部会長)
〇笠原 実 氏(世界遺産伝道師協会副会長)
〇関口咲季子氏(まちなかイノベーター)
〇日本建築学会関東支部第24回提案競技優秀賞受賞グループ
・ISESAKI DECORISM 土田・宮沢(前橋工科大)
・地域を繕い、紡ぐいせさきの未来 横関・佐々木・吉井(前橋工科大)

この記事に関するお問い合わせ先

産業経済部商工労働課 まちなか活性化係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所北館2階
電話番号 0270-27-2755
ファクス番号 0270-23-7382

メールでのお問い合わせはこちら