子どもの予防接種のお知らせ

おたふくかぜ予防接種費用助成

令和3年4月1日から満1歳から4歳未満の子どもを対象に、おたふくかぜ予防接種費用の一部助成を開始しましたが、現在、おたふくかぜワクチンメーカーの製造上の不具合により、全国的にワクチンの供給不足が生じています。

この影響により対象年齢期間内に助成を受けられない可能性がありますので、対象年齢期間の延長を検討しています。

詳細については、決まり次第、ホームページや広報いせさきでお知らせします。

「伊勢崎市 ワクチン&子育てナビ」を利用してください

「伊勢崎市 ワクチン&子育てナビ」とは

このサービスは、スマートフォンや携帯電話などを利用し、お子さん一人ひとりに合わせた予防接種スケジュールを自動で作成し、接種予定日が近づくとメールでお知らせします。その他、妊娠中の記録をしたり、子育てに関する情報を確認したりすることができます。詳細は下記をご覧ください。

子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨差し控え

子宮頸がん予防ワクチン接種について、平成25年6月14日付厚生労働省からの「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)」により、定期接種の中止ではなく、接種の積極的な勧奨とならないよう留意すること等の通知がありました。これを受けて、本市でも通知のとおり積極的な勧奨を差し控えています。

子宮頸がん予防ワクチン接種後の症状に対する医療費等支援のお知らせ

平成28年7月1日より、平成23年2月25日から平成25年3月31日までに、市が実施した子宮頸がん予防ワクチンの接種後に、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な痛みやしびれ、脱力、不随意運動などの症状を有している人が、適切な医療が受けられるよう市独自で医療費などの助成を行います。詳しくは、下記をご覧ください。

子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの接種を平成23年2月25日から平成25年3月31日までに受けた人へのお知らせ

平成23年2月25日から平成25年3月31日までに市の助成により3ワクチンのいずれかを接種した人で、接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診された人は、申請により関連性が認められると、医療費・医療手当が支給される場合があります。

ただし、支給対象となるのは、請求した日から遡って5年以内に受けた医療に限られていますので、至急請求してください。具体的な請求方法については、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の救済制度相談窓口に相談してください。

救済制度相談窓口

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)

電話番号

0120-149-931(フリーダイヤル)

(注意)IP電話等の人でフリーダイヤルがご利用になれない場合は、電話番号 03-3506-9411(有料)を利用してください。

受付時間

月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)、午前9時から午後5時

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)相談窓口

診療体制について

日本脳炎定期予防接種の特例対象者への接種

平成17年度から平成21年度までの日本脳炎定期予防接種の積極的勧奨の差し控え期間に接種機会を逃した特例対象者は、日本脳炎定期予防接種を受けることができます。

1.平成19年4月1日までに生まれた人

接種期間

満20歳に至るまでの間

接種回数

第1期(初回2回、追加1回)および第2期(1回)のうち、接種が終了していない回数を受けられます。

2.平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人

接種期間

13歳に至るまでの間

接種回数

第1期(初回2回、追加1回)のうち、接種が終了していない回数を受けられます。
(注意)2期については、13歳誕生日前日まで定期接種の対象です。

費用・その他

いずれも接種費用は無料です。接種の際は予診票と母子健康手帳をお持ちください。
(注意)市内実施医療機関に専用の予診票が用意されています。市外の医療機関で接種希望の人は、接種前に健康づくり課または各保健センターで発行しますので、問い合わせてください

令和3年度の積極的勧奨対象者

令和3年度中に18歳となる人(平成15年4月2日から平成16年4月1日までに生まれた人)で、第2期の予防接種を受けていない人は、ぜひ接種をしましょう。

関連情報

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
健康推進部健康づくり課
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所東館2階
電話番号 0270-27-2746
ファクス番号 0270-23-9800

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年06月07日