誰も自殺に追い込まれることのない社会を目指して一人ひとりが協力を

全国では、毎年2万人以上の人が自殺で亡くなっています。
自殺の背景には、過労や生活困窮、育児や介護疲れ、いじめや孤立などのさまざまな社会的要因があります。
自殺は追い込まれた末に起きてしまい、誰にでも起こりうる危機といわれています。
一人ひとりが悩みを抱える人の変化に気づき、見守り、地域で支えることが必要です。

自殺対策推進計画を策定しました

本市では自殺対策を総合的に推進するために、伊勢崎市自殺対策推進計画を策定しました。

本市の自殺死亡率(人口10万に対する自殺者数)を令和5年までに16.0(平成27年は23.2)に減少させることを目標に、保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関・団体との連携を強化し、「誰も自殺に追い込まれることのない社会・伊勢崎市」を目指します。

計画の基本方針

  • 関係機関・団体との連携を強化し、総合的に取り組む。
  • 自殺対策を支える人材育成に取り組む。
  • 積極的な普及啓発を推進する。
  • 生きることの包括的な支援として推進する。
  • 児童・生徒に対する自殺対策を充実させる。

ゲートキーパーの出前講座を実施します

ゲートキーパーは、身近で悩んでいる人に気づき、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る人のことです。
多くの人にゲートキーパーを理解してもらうために、出前講座による「ゲートキーパー講座」を無料で実施しています。ぜひ、ご利用ください。

期日

希望する日
(注意)祝日・年末年始を除きます。

対象

原則として10人以上の団体またはサークル

申し込み

申請書に必要事項を記入の上、実施を希望する日の20日前までに直接各公民館または生涯学習課へ。
詳細は次のリンクをご覧ください。
(注意)会場の手配や講座の案内などは、実施を希望した団体・サークルが行ってください。

ゲートキーパーになるための第一歩

大切な人を守るのは周りにいる私たちです。
大切な人の命を守るために次のことに気を付けましょう。

自殺予防のための行動

  1. 気づき=家族や仲間たちの変化に気づいて声を掛けましょう。
  2. 傾聴=本人の気持ちを尊重し、耳を傾けましょう。
  3. つなぎ=早めに専門家に相談するよう促しましょう。
  4. 見守り=暖かく寄り添いながら、じっくり見守りましょう。
この記事に関するお問い合わせ先
境保健センター
〒370-0124 伊勢崎市境637番地
電話番号 0270-74-1363
ファクス番号 0270-74-1363

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年04月01日