田島善一家住宅主屋

田島善一家住宅主屋の外観の写真

慶応年間(1865~1868年)に現在地の東隣に建てられ、明治41年(1908年)に現在の場所に曳家したとの伝承がある。屋号は、「進成館(しんせいかん)」である。

大規模な総二階建の建物で、屋根上には総櫓を設ける。一階の大部分を居住などの生活に使い、土間の一部は桑場として、二階全体を蚕室として用いていた。境島村では珍しい入母屋造りであり、大規模な蚕種製造民家で初期につくられた例として重要な建造物である。

概要

名称

田島善一住宅主屋(たじまぜんいちけじゅうたくおもや)

登録年月日

令和3年2月26日

登録区分

 国登録有形文化財

所在地

 伊勢崎市境島村2209番地

その他

田島善一家住宅は個人の住宅で、現在も居住しています。敷地内には立ち入らないでください。

田島善一家住宅(進成館)主屋2階およびやぐらについては、田島弥平旧宅主屋1階上段の間と併せて、毎月第3日曜日のみ公開しています。見学を希望する場合は、公開日にお越しください。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、令和3年3月21日(日曜日)は公開中止ですので、予めご了承ください。

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先

文化財保護課
〒372-0036 伊勢崎市茂呂南町5097番地2 茂呂クリーンセンター2階
電話番号 0270-75-6672
ファクス番号 0270-75-6673

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年03月16日