田島弥平旧宅世界遺産登録10周年記念事業

更新日:2024年06月26日

田島弥平旧宅は、平成26年6月25日に「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産の一つとして世界遺産に登録され、本年10周年を迎えました。改めて世界遺産としての価値を伝えるとともに、確実に保存し、次世代に継承していくため、登録10周年を記念して、4つの記念事業を開催します。

記念事業

記念事業1 こどもスタディツアー

本市の子どもたちに一度は田島弥平旧宅、赤堀歴史民俗資料館に訪れていただき、市の優れた文化財に触れ、郷土を誇りに思う気持ちを育てることを目的に、各小学校で進めるふるさと学習の一環として、田島弥平旧宅及び赤堀歴史民俗資料館を主な訪問先とし、その他市内外の文化財や関係施設を周遊するバスツアーを実施します。

対象

市内の小学校(一般のお申込みは受け付けておりません)

記念事業2 田島弥平旧宅世界遺産登録10周年記念シンポジウム

登録10周年の歩みと、これからの田島弥平旧宅及び境島村の在り方について、田島弥平旧宅調査整備委員の専門家の皆様により調査、整備、保存、活用等様々な観点からお話しをいただく講演、シンポジウムを開催します。

日程

令和6年7月14日(日曜日)午後2時から午後4時30分まで

会場

絣の郷 円形交流館(伊勢崎市昭和町1712-2)

定員

100人(先着順)

内容

第一部 基調講演

【演題】田島弥平旧宅世界遺産登録10年の成果と課題

【講師】大野 敏 氏(田島弥平旧宅調査整備委員会委員長、
横浜国立大学大学院都市イノベーション学府・研究員教授)

第二部 シンポジウム

【テーマ】 田島弥平旧宅と境島村蚕種製造関連建築群の今後の10年を展望する

【出演者】
コーディネーター 大野 敏 氏
菊池 誠一 氏(元市教育委員会文化財保護課)
栗原 知彦 氏(ぐんま島村蚕種の会)
黒津 高行 氏(日本工業大学教授)
西川 武臣 氏(横浜開港資料館館長)
村田 敬一 氏(群馬県文化財保護審議会専門委員)

申し込み

当日直接会場へ

案内リーフレット

記念事業3 周遊型謎解きイベント

田島弥平旧宅とその周辺を会場として、謎解きをしながら歩き回り、ゴールを目指すイベントを開催します。見事にすべての謎を解いた人には素敵なプレゼントを差し上げます。イベントの詳細が決定次第、このホームページなどでお知らせします。

日程

令和6年9月から11月まで(予定)

記念事業4 熱気球体験&VRハンググライダー体験

世界遺産田島弥平旧宅とその周辺の蚕種製造民家や利根川が織りなす境島村の農村景観を空から眺める熱気球体験とVRハンググライダー体験を同時開催します。イベントの詳細が決定次第、このホームページなどでお知らせします。

日程

令和6年11月17日(日曜日)午前9時から午後4時まで(予定)

関係動画

田島弥平について紙芝居を使用した動画を公開しています。

下記リンクよりご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

文化財保護課
〒372-0036 伊勢崎市茂呂南町5097番地2 茂呂クリーンセンター2階
電話番号 0270-75-6672
ファクス番号 0270-75-6673

メールでのお問い合わせはこちら