年金から引かれる介護保険料にばらつきがあるのはなぜでしょうか?

保険料が年金から差し引き(特別徴収)されている方の場合、4月、6月は仮徴収として前年度の2月と同じ金額を特別徴収します。市民税が確定してから7月に介護保険料額が確定するため、確定した保険料額から仮徴収分を差し引いた金額を8月、10月、12月、2月の4回で特別徴収します。そのため大幅に所得段階に変更があった場合、年額は同じでも特別徴収される金額にばらつきがでます。

例 保険料額 第5段階 72,800円の場合

  • 4月 特別徴収税額=  11,800円(仮徴収)
  • 6月 特別徴収税額=  11,800円(仮徴収)
  • 8月 特別徴収税額= 12,300円(本徴収)
  • 10月 特別徴収税額=12,300円(本徴収)
  • 12月 特別徴収税額=12,300円(本徴収)
  • 2月 特別徴収税額= 12,300円(本徴収)
  • 合計 72,800円

4月・6月の仮徴収では、前年度の2月と同じ金額を仮の額として納めます。確定した保険料額から仮徴収分を差し引いた額を8月、10月、12月、2月の4回に振り分けて納めます。

上記の例では、年税額72,800円から4月・6月の仮徴収額23,600円を差し引いた49,200円を8月・10月・12月・2月の4回に分けて年金から特別徴収します。また2月の特別徴収税額12,300円が次年度の4月・6月に仮徴収される金額になります。
(注意)本徴収の端数処理については8月にて行います。

この記事に関するお問い合わせ先
長寿社会部介護保険課 保険料係
〒372-8501 伊勢崎市今泉町二丁目410番地 伊勢崎市役所本館1階
電話番号 0270-27-2742
ファクス番号 0270-21-4840

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年06月27日